情報商材の達人

役に立つ情報商材の口コミ 感想 内容などの情報を公開・発信しています。
<< あゆみ式 A Teachert FX Academy 口コミ | main | 【赤本FX】シンプル×高勝率=FXの赤本 株式会社チャートマスター >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    50歳から始める男の筋トレ 口コミ・レビュー
    0

      50歳から始める男の筋トレ

       

       

       

       

      50歳を過ぎた人なら1度や2度は体をかっこ良く

       

       

      するために筋トレをしたことがあるでしょう。

       

       

      変わりゆく自分の体をより良くしようと思うのは

       

       

      当然のことです。

       


      しかしながら、一生懸命トレーニングすればするほど

       

       

      問題が起きたりします。

       


      50歳を過ぎているからこそ起きる問題があるからです。

       


      それが、

       

       

      「疲れ」、「痛み」、「故障」です。

       


      50歳を過ぎて、筋トレを始めようとすると、

       


      ほぼ全ての人が「どこかが痛い」といいます。

       


      トレーニングを始めてしばらくすると、

       

       

      「痛みが出る」と言うのです。

       


       一生懸命やればやるほど「痛い」。

       


      特にこれからトレーニングを始める人にとっては

       

       

      不安があるでしょう。

       

       

      実際に今までやってないのに、トレーニングを

       

       

      50歳過ぎて始める人に故障が多く見られます。

       
       

      人それぞれ違いますが、この辺りに痛みがでます。

       

       

      腕立て伏せやベンチプレスをやると「肩」が痛かったり、

       

       

      下半身の運動で腰の片方が痛かったり、

       

       

      ランニングをすると膝に痛みを感じたりする。

       

       

      そして痛いから、しばらくトレーニングを休む。

       

       

      またトレーニングを始めると同じ痛みがぶり返してくる。

       

       

      そして、再びトレーニングを休む。

       


      この繰り返しではなかなか前に進みません。

       

       

      そのうち前に進む気持ちが消えてしまうこともあります。

       

       

      トレーニング自体をやめてしまったり。

       


      それはあまりにもったいない話です。

       

       

      ただ、それが実際に50歳以上の人の

       

       

      ボディメイクの妨げになっているのです。

       

       

       

       

       

       

       

       

      なぜ痛みや故障出るのか?という根本的な問題として、

       

       

      「自己流」でトレーニングしているというこがあります。

       


      「自己流」とは、なんとなく分かっているようで、

       

       

      奥深くまでは分かっていない状態です。

       


      「俺はこれでいいんだぁ!」

       

      「このやり方が最高にいいんだ!」

       

      「これでガンガン攻めれば体は変わるんだぁ!」

       


      という思い込みで突っ走ってしまうことです。

       

       

      どこかで見た写真などで「見た目の動き」

       

       

      だけで認識して、行っているのです。

       


      つまり、腕立て伏せを単に「下がって、上がる」

       

       

      と思って動くのは間違いです。

       

       

      ダンベルを使った胸のダンベルプレスでもダンベルを

       

       

      「上げる」という認識は間違いです。

       

       

       実際には、

       

       

      「大胸筋が上腕骨(腕の骨)を引くことで、肘が前に出て、

       


      その結果として、床が押されて体が上がる、またはダンベルが上がる。

       

       

      さらにその際には肩甲骨は寄せるようにして、

       

       

      胸がへこんだり肩が上がったりせずに行う」

       

       

      というのが正しい方法なのです。

       

       

      そうでない無茶な方法では肩を痛めてもおかしくありません。

       

       

      ましてや、50代の体ではとにかく故障が出やすいのです。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | shozaikakumei | 体の悩み | 12:50 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 12:50 | - | - |









             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE